これってどうなの

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜の木、伐採騒動

<<   作成日時 : 2005/11/02 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京都大田区のマンション建設現場で「桜の木を切る、切らない」で建設会社と近隣住民との間でいさかいが起こっている。

住民の言い分としては、「ここは昔から桜の名所で、この木々が我々を大気汚染から守ってくれている。伐採は自然破壊につながる。」というものだった。

業者側は今まで住民に7回説明会を開いており、木の移転についても区に要請していたが、樹齢が古いということで断られていた。

住民側は「環境汚染、自然破壊」を背景に業者に対して居丈高に詰め寄っていたが、現場は私有地であり、伐採は法的に何の問題もない。大体、10数本の木にどれだけ大気汚染を防ぐ能力があるかも疑問である。

住民側は募金を集めて木を移転するような運動はしていないようだし、結局「自分たちの慣れ親しんだ風景を破壊するな!」 「桜の花が見られなくなるのは淋しい」といった情緒的な反応であり、「自分の思い通りにならないのが面白くない」とする”駄々っ子”の言い分となんら変わらない。

つまり、「他のところならいいが、自分のところに葬祭場ができるのは困る」というのと同じ、単なる”地域エゴ”に過ぎないのではないか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜の木、伐採騒動 これってどうなの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる