これってどうなの

アクセスカウンタ

zoom RSS 不可思議な中国の領土拡張主義

<<   作成日時 : 2005/10/23 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先頃、インターネット検索エンジンの最大手グーグルが提供している地図サービスで「台湾」を検索すると「中国の省」と表記されることに対して、台湾外交部が抗議、グーグル側は「Taiwan」と表記を改めた。すると、今度は中国国内のユーザーからグーグル使用のボイコットを主張する論議が沸き起こった。
どうしても中国は台湾を併合したいようだ。

中国のこの時代錯誤もはなはだしい領土拡大への情熱は、一体なにに由来するものなのだろうか?
今でさえ、13億の民を養うのに四苦八苦、油は足りずなりふり構わず世界中からかき集めても到底間にあわない。農村部や失業者といった、国内不満分子ガス抜きのために日本を悪者に仕立て、何とか共産党政府への批判をかわすのに躍起になっているというのに、これ以上厄介な人種(自由な世界の快適さを知ってしまった台湾人)を身内に抱えてどうしようというのか?
「台湾統一」というひとつの目標を掲げ、ばらばらになりそうな人民を一つにまとめようとする目論見か?
中国人民の悲願のように言っているが、もともと一つだった朝鮮民族が統一を目指しているのとはわけが違う。台湾が中華人民共和国の領土であったことは一度もない。
今、前台湾総統の李登輝氏が「台湾支持」を訴えて米国全土を行脚して回っているが、もともと台湾は独立国家なのだから、あえて「台湾独立」とは言わないとしている。

新疆ウィグル自治区の独立を掲げる「東トルキスタン解放組織」が中国政府に宣戦を宣告したり、チベット人もこのままおとなしく中国人民になるとも思えない(今、中国はチベットへ直通の鉄道を開通させ、漢民族の移動を容易にし、更なる民族浄化を推し進めようとしている)。
仮に首尾よく台湾併合がなったとしても、必ず台湾独立の動きが起こり国内に又一つ紛争の種を抱え込むだけである。

先頃、ワニを飲み込んだ大蛇の話がニュースになっていたけど、飲み込んだワニが腹の中で暴れたため、蛇の腹が裂け蛇は死んでしまったようですよ。何でも飲み込めばいいって訳ではないということ!

ところで、李登輝訪米の際に中国は何か言っていましたかね?日本へ来るときは、ビザ発給の段階からあらゆる方面へ手をまわし、訪日を阻止しようと抗議を繰り返し、大騒ぎになったものでしたけどね。ことほど左様に、力の強いものには下手に出るんだ、あの国は。

余計なことをもう一つ。今朝のフジテレビの「報道2001」に出ていたオヤジは何者?
戦時中の日本は100%悪で、米国は100%善だって言ってたけど、こんな単純な2元論、今時の小学生の間でもはやらないよ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不可思議な中国の領土拡張主義 これってどうなの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる