これってどうなの

アクセスカウンタ

zoom RSS WBCアジア最終戦を見た。山口って誰???

<<   作成日時 : 2009/03/10 06:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3月9日、WBCアジア最終戦を見た。
2日前の大勝は夢だったのかと思うほど全く打てない。
いつもの韓国投手陣打ちぐずせない病が始まり、サッカー日本代表の決定力不足の試合を見ているときのようないらいら感がつのってくる。
当方、サッカーも野球も日本代表の試合しか興味がないにわかサッカーファン、にわか野球ファンなのでいささか的外れなコメントもあるかもしれない。
序盤、韓国に1点を先制されたあとどちらも決定打を放てない投手戦、両国ともこれ以上点をやるまいと次々とエース級を投入してくるなか、8回の表に投入されたのが山口。

「山口?山口って誰?聞いたことがない。一体こいつは誰なのか?この緊迫した場面で出てくるからにはきっと実績のある優秀な選手に違いない、自分が知らないだけなのだ」と思いつつ、「オイオイこんなやつで大丈夫なのか、こいつは何者なんだ?いいのかこれでぇ・・・」と一人、悲鳴を上げていると、あれよあれよというまにフォアボールを与えて退場、藤川球児の登場となる。それなら始めから球児でよかったんじゃないの?
新人に国際試合の雰囲気を味合わせるため?場数をふまそうと言う監督心?この状況下で日本にそんな余裕があるはずもない。ただただ韓国側に一塁進塁を献上するために出てきたようなものだ。分からない!!
このワンポイントリリーフについては解説の古田も多くは語ろうとしなかったが、誰かこの原采配が理解できる人がいたら説明してくれ!!!

韓国投手陣打てない病にかかっているときにブレイクスルーとして颯爽と登場するのがわれらが福留なのだが、今回は彼さえも打てない。大体今回登場している日本人メジャーリーガーは何をしているのだ。一人気を吐いているのは城島くらいのものだ。メジャーリーガーの実力とはこの程度のものなのか?逆に言えばメジャーリーガーで固めているアメリカチームもおそるるに足らないということか。
全体的に受ける印象として日本の投手陣は線が細いというか、あまりに繊細すぎるのではないか。最後に出てきた韓国の抑えの投手、あの緊迫した場面でガムをくちゃくちゃ。あの図太さはうらやましい。

しかし、完全アウェーの中、前回の大敗を引きずることなく勝った韓国チームは立派というほかはない。
これで全韓国国民が「やはり俺達のほうが上だった」と溜飲を下げているかと思うと、腹立たしい限りだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
WBCアジア最終戦を見た。山口って誰??? これってどうなの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる