これってどうなの

アクセスカウンタ

zoom RSS アイリス・チャンの胸像が堂々と・・・。

<<   作成日時 : 2007/02/20 17:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

あの悪名高いアイリス・チャンの胸像が、米国の名門であるスタンフォード大学に寄贈され、学内のフーバー研究所内の閲覧室に展示されているようだ。

贈ったのは「中国人権発展基金会」、南京の記念館にあるものとまったく同じ胸像だという。

最近では、慰安婦問題をめぐる対日非難決議案が米下院に提出されたり(官房長官時代、従軍慰安婦の強制連行を認めてしまった河野洋平の罪は大きい。このような人間が現在、衆議院議長を務めているなどという事実は全く解せない)、アイリス・チャンのとんでも本『レイプ・オブ・南京』がベストセラーになったりと、この手のことに関し史実をきちんと検証せずに冷静さを欠いた米国の対応が相次いでいる。

こういう動きがあることの背景には一体何があるのだろうか?

私が思うに、米国人の中には日本人に対し「原爆投下」という圧倒的な負い目があることに由来するのではないだろうか?

彼らは「原爆投下によって戦争終結が早まり、日米双方の多くの兵隊達が死なずにすんだ」という理屈で整合性をつけようとするが、やはりしっくりしないものを心の中に抱え込んだままでいるのではないか?もっと強く原爆投下の正当性を主張できるもの・・・。そこへ当時の日本人の残虐性を物語る事実が出てくれば・・・。
つまり、「当時の日本人だって、こんなにひどいことをしていたのだから・・・」ということで自分達の内なる残虐性を相殺させようとする気持ちの表れなのではないだろうか?

敵の敵は味方である。こと戦時中のこととなると中国人と米国人はことあるごとに結託し、反日の共同戦線を張るということになる。「当たらずといえども遠からず」か・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
原油価格とFX
学生の方へ原油価格が為替の影響するって知ってますよね。詳細はこちらをみてください。概略だけ、原油価格が上昇すれば、資源を持つ国の通貨の価値が上昇します。具体的にオーストラリアドル、カナダドルです。逆に資源を持たない国の通貨の価値は下が... ...続きを見る
緑の扉
2007/02/20 17:28
最後はやっぱり俳優復帰という逃げ道に・・
最後はやっぱり俳優復帰という逃げ道に・・ ...続きを見る
金子賢格闘界永久追放★
2007/02/20 17:32
最後はやっぱり俳優復帰という逃げ道に・・
最後はやっぱり俳優復帰という逃げ道に・・ ...続きを見る
金子賢格闘界永久追放★
2007/02/20 17:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アイリス・チャンの胸像が堂々と・・・。 これってどうなの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる